病院ボランティア

小倉記念病院における病院ボランティアの活動内容

活動日時

  1. 活動日は、土曜日、日曜日、祝日を除く平日とする。
  2. 活動時間は、午前8時10分から16時までとする。

活動内容の一例

総合受付付近

・総合受付での手続きの説明 ・新患申込用紙、問診表の代筆 ・再来受付機操作説明
・各外来へのご案内 ・玄関での車(タクシー)乗降介助 ・車いすでの移送介助

病棟、入退院受付

・入退院受付付近で待機し入院患者さんのご案内(午前)
・病棟から各外来、検査へのご案内(午後)
・面会者のご案内 ・車いす移送介助

各人の活動内容の決定

活動内容の決定に際しては本人の希望を尊重するとともに、個人の性格や能力などを考慮した上で、事務局と関係部署責任者が相談して決定する。ただし、病院のリハビリ室にて実技講習を受講した上で行うこととする。

活動回数および活動日程の決定

  1. 活動回数はボランティア本人が決定するが、最低でも月1回は活動を行うこととする。
  2. 活動日については、「ボランティア活動予定表(以下、予定表)」に本人の希望日を記入し提出する。
  3. 事務局は提出された予定表に基づき活動日程を作成する。その際、本人の希望を優先するが、事情により調整が必要な場合は、関係者を交えて決定する。

ボランティアの活動管理

  1. ボランティア活動の際は、その都度本人が「ボランティア活動実績簿」に記入し、月末には各自で活動時間を集計し、事務局へ提出する。
  2. 各ボランティアの活動実績については事務局にて管理を行う。

活動中の事故、トラブル

  1. ボランティアが活動中に何らかの事故(患者様への傷害、器物破損など)などを起した場合は、本人は「事故報告書」を作成し、事務局へ提出する。必要に応じて院内の医療安全推進委員会にも報告する。また、ボランティアが事故等を起した場合の対処については、事務局と委員会で検討する。
  2. ボランティア同士のトラブルは、原則、ボランティア間で解決するものとする。